わたしたちについて

ごあいさつ


よしとみクリニック

この度、垂水市に泌尿器科・内科クリニックを開業いたしました、
吉冨孝之です。よろしくお願いたします。

私はこれまでに、鹿児島大学病院をはじめ、関連病院にて泌尿器科全般の診療を経験いたしました。泌尿器科は腎臓・尿管・膀胱・尿道と男性生殖器(前立腺・精巣・精嚢・陰茎)に関連した疾患を取り扱っており、悪性腫瘍、尿路結石症、排尿機能障害、尿路感染症、性病、男性不妊症や内科的疾患である慢性腎臓病など老若男女を問わず多種多様です。 最近では、メディアの露出が増えた男性更年期を心配され受診される患者さんも増えてきました。

現在、受診される病気で多いのは前立腺肥大症、前立腺がん、過活動膀胱などの患者さんです。中でも前立腺がんの患者数が増加しています。

前立腺がんは、初期には自覚症状があらわれにくく、症状を自覚したときには、すでにがんが進行している場合が多いため、自覚症状に頼らず、簡単な採血でわかるPSA検査(前立腺がんの腫瘍マーカー)を受けることをお勧めします。
とくに、ご家族内に前立腺がんの患者さんがおられる方は、PSA検査されることを、強くお勧めいたします。

過活動膀胱の患者さんも増加傾向にあります。その症状は、急に我慢できないような尿意が起こる・頻尿で急にトイレに行きたくなり、我慢ができず尿が漏れてしまうことがある・などです。過活動膀胱は、命に係わる病気ではありませんが、家事や仕事の妨げとなるためQOL(生活の質)をひどく損なってしまいます。いいお薬や骨盤の筋肉を鍛え、尿が漏れないようにする低周波治療器(保険適応あり)も当院にはございますので、ぜひ御相談下さい。

泌尿器科のニーズは確実に増えており、泌尿器科の病気もだいぶ世間に認知されてきているとは思います。しかし、今だ多くの方が泌尿器科ではどんな診察、検査をされるのか分からず、不安と恥ずかしさから受診しにくいとおっしゃいます。たしかに軽い痛みや苦しさを伴う検査もありますが、そのような検査を最初から行うことはありませんし、検査の必要がある場合にはきちんとした説明とご理解・同意を得てから、十分な準備の下に行いますのでどうぞご安心ください。

受診しにくいイメージのある泌尿器科ですので、気軽に受診できる雰囲気と積極的なお声掛けからはじまる接遇意識を心がけ、患者様の気持ちを真摯に受け止めた患者様本位の診療を行います。当院は内科も併設していますので、風邪、インフルエンザ、急性胃腸炎、急性気管支炎、花粉症などの日常的疾患をはじめ、糖尿病、高血圧、高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病にも対応いたします。泌尿器科とともに、地域住民の皆さまの健康増進のお役に立ちたいと考えています。また、在宅治療も積極的に行い、地域に根ざしたクリニックとして地域医療機関との連携に努め、地域医療に貢献していきたいと考えています。
よしとみクリニックを末永くどうぞよろしくお願いいたします。