よしとみ通信

ノロウイルス胃腸炎について


ウイルス性胃腸炎で多い、ノロウイルス胃腸炎について豆知識としてまとめてみました。

ノロウイルス胃腸炎は冬から春先を中心に流行する、ノロウイルスによって生じる胃腸炎です。

ノロウイルスは、電子顕微鏡でなければ見えないくらい非常に小さく、ほぼ丸い形をしたウイルスです。

ノロウイルスは、ヒトだけに感染するウイルスです。 ヒトの小腸で増えて、下痢、おう吐、吐き気、腹痛などの症状を引き起こします。また、その感染力は非常に強力でさまざまな感染経路が考えられます。
  1. 感染したヒトの便や嘔吐物に触れた手指を介してノロウイルスが口に入る。
  2. 便や嘔吐物が乾燥して、細かな塵として舞い上がり、その塵と一緒にノロウイルスを吸い込む。
  3. ノロウイルスを内臓に取り込んだシジミやカキなどの2枚貝を、生または不十分な加熱処理で食べる。
  4. ノロウイルスに汚染された食品を生あるいは充分に加熱調理をしないで食べた場合。

などなど

潜伏期

1~2日間 症状 嘔気、嘔吐、下痢、腹痛、37度台の発熱。

検査と診断

便の中のノロウイルスを迅速検査で検出して診断します。

治療

ノロウイルスをやっつける直接的な治療法はなく、きつい症状を軽減するための対症療法(胃腸薬の内服・食事がとれない場合には栄養、水分補給目的の点滴)が行われます。

予防

手洗い 石ケンと流水による手洗いをしっかりと行います。 便や嘔吐物の処理は必ず、使い捨て手袋・マスク・エプロンを着用してから 作業を始め、処理後は石ケンと流水で十分に手洗いします。

消毒

便や嘔吐物が付着した衣類などの場合は、0.1%に調整した市販の漂白剤で消毒します。 ドアノブ、椅子、テーブルなど人が触れるところ。0.02%に調整した市販の漂白剤で消毒します。 汚染されたおもちゃは、手で触れるだけでなく、直接口に入れたりすることが多く、感染の原因になります。

おもちゃの消毒は、水洗いをした後、0.02%に調整した市販の漂白剤に10分間浸し、最後に水でよく洗い流します。おもちゃの素材によっては色落ちしたり錆びたりすることもあるので、使用できるか確認してください。

消毒液の作り方

0.1% 消毒液 消毒液原液濃度が5%の場合、原液10mlを490mlの水で薄め全体を 500mlにします。
0.02% 消毒薬 消毒液原液濃度が5%の場合、原液2mlを498mlの水で薄め全体を 500mlにします。

腸炎の改善後 登校の判断:出席停止について、特に決まりはありません。 嘔吐・下痢がおさまれば登校可能ですが、症状が消失した後も約1週間は便の中にノロウイルスが排出される可能性があるため、 登校後も手洗いをまめに行います。

なんといっても手洗いが一番重要です。。