よしとみ通信

インフルエンザ


インフルエンザの足音をちらほら聞き始めました。
今回のよしとみ通信はインフルエンザについてお話します。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こる病気です。
38℃以上の突然の発熱やせき、鼻水、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身の倦怠感などの症状が特徴です。

インフルエンザとかぜの違い
かぜは、鼻・のど・気管などの呼吸器にさまざまな病原体が感染して起こります。
病原体は同じくウイルスが主ですが、インフルエンザと比べて高熱は少なく、ゆっくり発症します。

インフルエンザの予防方法
日常生活:人ごみ、繁華街を避けます。帰宅時には「手洗い」「うがい」をします。 栄養と休養を十分にとります。
のどや鼻の粘膜の乾燥を防ぐため、外出時にはマスクを着用し、家では加湿器などを使用します。

インフルエンザの治療
患者さんの年齢、状態、かかって何日目かなどの条件で使用する薬を選択します。

年末、年始 混雑した場所に行かれるときはインフルエンザにご用心ください。
また、咳やくしゃみが出ているときは咳エチケットお願いします。