診療案内

禁煙外来


禁煙外来

タバコの煙に含まれるニコチンには麻薬にも劣らない依存性があるため、
意志の力だけでニコチン依存を断つのは困難です。

このため、二コチン依存は治療が必要な病気とみなされています。
2006年4月から禁煙治療は保険適用されることになりました。
治療には内服のチャンピックスとテープ剤のニコチンパッチ(ニコチンを含んだテープ剤)の2種類あります。

次の4条件をすべて満たした場合、禁煙治療に保険が使えます。
1. ニコチン依存スクリーニングテストで5点以上(「はい」が5つ以上)ある。
2. 1か月以内に禁煙しようと考えている。
3. 現在の1日の喫煙本数×喫煙年数が、200以上である。
4. 禁煙治療を受けることについて文書で同意する。 
上記4条件に該当しない場合は、禁煙治療の費用は全額自己負担になります。

ニコチン依存症のスクリーニングテスト
Q 1 .自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか
Q 2 .禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか
Q 3 .禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてたまらなくなることがありましたか
Q 4 .禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
Q 5. Q 4でお尋ねした症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか
Q 6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか
Q 7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
Q 8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
Q9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか
Q10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか
(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、
喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態です。

 

費用
チャンピックス、自己負担3割 総額約 19,000円

ニコチンパッチ、自己負担3割 総額約 13,000円


治療期間はどちらも12週間 
5回診察 初診 2週間後 4週間後 8週間後 最終12週間後

 


注意点

過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方は
前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自費診療となります。